バネのある入れ歯で見た目が気になる方にお勧めの入れ歯があります。見た目にも機能的にも優れているものです。

《コーヌス・テレスコープ義歯》

コーヌス義歯は歯肉にぴったりと合った床に義歯を取り付けます。なくなった歯   の両隣の歯(支台歯)で、この支台歯にクラウンをかぶせて固定します。

1.支台となる歯を削り、クラウン(内冠)をかぶせます。
2.この内冠にさらに義歯を取り付けたクラウン(外冠)をかぶせます。
3.固定します。

このように支台となる歯は二重のクラウンをかぶせることになります。

使用する義歯の材料は金属、レジン、ポーセレンなどがありますが、内冠には金属を使用します。床にも金属床やレジン床があります。また、コーヌス義歯は取り外しが可能です。

局部床義歯に比べて安定感が高く、支台となる歯の負担も軽くすみます。ただし、支台となる歯を大きく削らなければなりません。また費用も高くなります。

《バルプラスト》

下の2つを比べてみてください。

新しいタイプの入れ歯です。歯を削ることなく作ることが出来ます。患者さんにとっても負担の少ないいればとなります。症例が限られますが、まずはご相談ください。

特徴1
弾性力の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
特徴2
装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では気づきません。
特徴3
金属のばねがないので金属アレルギーに心配がありません。

静岡市葵区竜南3-16-25054-209-1155診療時間 9:00-13:00  14:00-18:00 [木・日・祝日除く]