杉山歯科医院
杉山歯科医院HOMEへ診療案内診療スタッフインプラント治療の進め方アクセス関連リンク
トップページ > インプラント治療   
インプラント治療

インプラントは第2の歯といわれています。今までは歯のないところに入れ歯やブリッジを入れるというのが一般的な考え方でしたが、最近はインプラントという治療方法があります。
人工歯根といわれ歯が抜けてしまった、あるいは抜いた部分にチタン性の根っこを植えることによって機能を回復します。今まであった歯のように噛むことができます。
機能のみならず、入れ歯にあるバネなどもなく、見た目も大変優れています。

インプラント当院では、杉山和孝院長が開院当時から特に力を入れている治療のひとつです。現在、杉山和孝院長は口腔インプラント学会認定医として認められ、すでに多くの患者さんに満足していただいたという成績を持つ、高い技術を持った歯科医師の一人です。
当院では、徹底した滅菌管理の下、感染症に十分配慮して手術を行いますのでご安心ください。

インプラント
Q&A
症例


《インプラント》

歯の根っこから再建するインプラントについて説明します。

インプラントとは
入れ歯というと、失われた歯の代わりに歯ぐきから上の部分だけを人工歯で補うものです。インプラントは歯の根っこの部分から元の歯と同じように人工歯を埋め込む方法です。 インプラントをつけるにはちょっとした手術を行いますので、時間も他の治療に比べて長くなり費用も高めです。しかし、かみ心地もよく、見た目にも入れ歯には見えない長所があります。

インプラントの製作手順
インプラントにもいろいろな方法があります。簡単にいうとあごの骨に穴をあけて、人工の歯根を埋め込み、その人工歯根に歯の被せ物をとりつけるといった手順になります。
1. 麻酔をかけ、歯肉を切開し、ドリルであごの骨に穴をあけます。
2. あごの骨に人工歯根と同じサイズの穴を掘ります。
3. 穴の中に人工歯根を埋め込みます。
4. 埋入して人工歯根が固定されるのを待ちます。
5. 固定された人工歯根に被せ物を取り付けます。

インプラントの製作手順
上記は骨内インプラントといわれる術式です。


《Q&A》

Q. 歯がない部分ならどこでもインプラント治療が可能か。
A. すべての症例にインプラント治療を施せるわけではありません。根っこを植えるための骨の密度、骨の厚さなどが関係します。治療に際しては、レントゲン写真や模型を作って様々な角度から検討して決定します。

Q. 期間はどれくらいかかるか。
A. 人工の根っこを植えてから骨とくっつくまで待つ必要があります。人によって異なります。

Q. メンテナンスは必要ないか。歯ブラシはしなくていいのか。
A. インプラント治療を終え、脱落する原因として口腔内の衛生状態があります。歯ブラシや、歯科医院に来院しての口腔内のメンテナンスは必要です。

Q. 費用はどれくらいかかるか。
A. 保険外治療です。インプラントを植える本数、術式によって異なります。以上、気になることはお気軽にご相談ください。


《症例》

症例①-前歯を失ってインプラント手術を施した例

インプラント術例

症例②-臼歯部を失ってインプラント手術を施し咬めようになった例

インプラント術例


診療案内

診療時間 
午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00

 休診日
木曜、日曜、祝日
(但し、祝日が木曜以外の時は木曜診療します)

 住所
静岡県静岡市葵区竜南3-16-25
地図はこちらから

 ご予約
054-209-1155
杉山歯科概観


診療内容
   むし歯(う触治療)
   むし歯予防(フッ素塗布など)
   バネのある入れ歯(保険の義歯)
   バネのない入れ歯(バルブラスト)
   バネのない入れ歯(テレスコープ)
   人工歯根(インプラント)
   セラミックインレー
   美容歯科(ホワイトニング、ベニア)
   定期検診(リコールetc.)
   お口の掃除(歯周病予防)


 
HOME | 診療案内 | スタッフ紹介 | 治療の進め方 | インプラント | バルブラスト | セラミックインレー | アクセス | リンク | サイトマップ