杉山歯科医院
杉山歯科医院HOMEへ診療案内診療スタッフインプラント治療の進め方アクセス関連リンク
トップページ > バネのある入れ歯(保険の義歯)   
バネのない入れ歯(バルブラスト)

当院では歯を入れたい、入れ歯を入れたいという患者さんに対し、様々な選択肢を提示します。その中から患者さん一人ひとりに自分に合ったものを選んでいただけるようにしています。中には保険外のものもありますが、模型を使って患者さんに説明します。それぞれのものに適応症や非適応症などもあります。お気軽にご相談ください。

ブリッジ
バネのある入れ歯(局部床義歯)
総義歯
入れ歯の取り扱い
《特殊診療》
バネのない入れ歯(コーヌス義歯)
バネのない入れ歯(バルプラスト)
インプラント


《ブリッジ》

ブリッジとは
ブリッジは歯が抜けてしまった(または抜いた)場合、抜けた歯の両隣に歯が残っているときに適用されます。まず、抜けた歯の両隣の歯を削ります(支台歯)。ここにクラウンと呼ばれるものをかぶせます。こうすることで、抜けた歯の土台ができます(支台歯形成)。
次に歯型をとり、歯型に合うようにブリッジ(クラウンとクラウンの間に人工歯を連続して固定)をつくります。あとはブリッジを口の中に装着し、かみ合わせの調整を行い固定します。

ブリッジ

歯が抜けたあと放っておくと・・・
抜けた歯をそのまま放っておくと、両隣の歯があいている空間に傾いたりします。また、今まで抜けた歯の部分にかみ合っていた歯にも影響し、歯並びが悪くなっていきます。そうなると歯ぐきに負担がかかり、むし歯や歯周病にもなりやすく、残った歯まで失うことになります。

ブリッジは使用上特に違和感もなく、材料によっては入れ歯であることがほとんどわかりません。しかし人工歯の部分の負担は支台歯にかかり、歯ぐきを痛めます。ですから、抜けた歯が多い場合はブリッジができない場合もあります。また、支台歯はむし歯や歯周病の原因になりやすいので、よくブラッシングすることが大切です。


《バネのある入れ歯》(局部床義歯)

局部床義歯とは歯肉にぴったりと合った床というものに人工歯を取り付け、クラスプとよばれるバネを使ってほかの歯に固定させる方法です。取り外しが可能で失った歯が多い場合に適用されます(失った歯が1~2本の場合はブリッジという方法があります)。ものをかんだときの負担は床を通じて歯ぐきに直接かかります。床は薄い金属か、レジン(樹脂)でつくられます。

金属床 ・金属のため強度に優れ、薄くできて口の中に入れても違和感が少ない
・熱伝導がよいため味覚を損なわない
・レジン床に比べ値段が高い

バネのある入れ歯

レジン床 ・金属床に比べて強度が落ち、厚みがあるため違和感が多い ・熱伝導が悪い ・金属床より値段が安い

また、床につける義歯にも金属、レジン、ポーセレン(陶材)があり、それぞれの特徴を理解した上で選びましょう。
局部床義歯の短所としては、
1.バネ(クラスプ)のみの固定なので安定感がないこと
2.床(歯肉に直接ふれている部分)に慣れるまでの違和感が強い
3.バネをかけた歯の清掃が悪いと、むし歯や歯周病になりやすい、などがあります。


《総義歯》

総義歯総義歯

歯が一本もないとどうなるのでしょうか?
歯がなくなってしまうとまず、ものを噛むことが出来なくなってしまいます。噛むことが出来なくなると食べ物をおいしく食べることが出来なくなるほか、口の周りの筋肉がたるんだり、顎の骨が薄くなったりして顔の形が変わってきます。顔に張りがなくなると、年齢よりも老けてみられたり、顔に精気がなくなったりしてきます。また、歯がないとうまくしゃべることも出来なくなります。

総義歯
総義歯は歯ぐき全体で支え、取り外しが可能です。総義歯は人工歯(レジン)と床(レジン、スルフォン酸)と呼ばれるものが一体となっています。
人工歯にはよく噛みきれるように金属の歯を使うこともありますし、床には装着後の違和感をなくすために金属を使用することもあります。


《入れ歯の取り扱い》

初めて義歯を入れる方へ
初めて義歯を入れられた方はものを食べるときや会話をするときに、違和感があります。これは義歯を入れたことで口の中が緊張してしまうからです。
しかし、これらは一時的なものですので、義歯をはずさないよう辛抱してください。義歯に慣れれば口の中の緊張もほぐれて食べ物もおいしくなり、会話もスムーズに出来ます。はじめのうちは、かたいものや大きいものなど無理に食べようとせずに少しずつゆっくりと噛んでください。
ただし、部分的に歯ぐきに当たって痛い場合はご相談下さい。

義歯の取扱いについて
1.義歯を壊さないように気をつけましょう。 歯に合わないからと言って自分で調整することはやめましょう。義歯はかみ合わせや、ほかの歯に合わせてつくられています。痛みが治まるからといって自分で曲げたり削ったりすると健康な歯に負担をかけることになります。
また、義歯を落としたり、火や熱湯に近づけたりしないように気をつけましょう。義歯の破損や変形の原因になります。

2.義歯は清潔に 義歯は毎食後はずして、必ず洗ってください。寝るときに義歯をはずす場合は、専用の洗浄剤などを使って、ていねいに洗ってケースなどに入れて保管して下さい。

入れ歯を入れたあとは
義歯は入れればおしまいではなく、入れてからも重要です。義歯をつけていると歯ぐきがやせたり、義歯を支えている歯が弱くなったりして自分の口に合わなくなってきます。また、異常が感じられなくても知らないうちに悪い状態(かみ合わせが悪くなり、あごの関節に異常がでる)になることがあります。

自分の口の中をしっかり管理していくためには、歯科医師の協力が必要です。そのためには定期検診を受けることをおすすめします。

 

診療案内

診療時間 
午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00

 休診日
木曜、日曜、祝日
(但し、祝日が木曜以外の時は木曜診療します)

 住所
静岡県静岡市葵区竜南3-16-25
地図はこちらから

 ご予約
054-209-1155
杉山歯科概観


診療内容
   むし歯(う触治療)
   むし歯予防(フッ素塗布など)
   バネのある入れ歯(保険の義歯)
   バネのない入れ歯(バルブラスト)
   バネのない入れ歯(テレスコープ)
   人工歯根(インプラント)
   セラミックインレー
   美容歯科(ホワイトニング、ベニア)
   定期検診(リコールetc.)
   お口の掃除(歯周病予防)


 
HOME | 診療案内 | スタッフ紹介 | 治療の進め方 | インプラント | バルブラスト | セラミックインレー | アクセス | リンク | サイトマップ